映画感想

韓国映画『EXIT』感想。ユニークなジャンル!

EXIT-サムネイル

『EXIT』あらすじ

韓国のある都心部、突如原因不明の有毒ガスが蔓延しはじめる。道行く人たちが次々に倒れ、パニックに陥る街——。
そんな緊急事態になっているとも知らず、70歳になる母親の古希のお祝いをする会場では、無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)が、大学時代に想いを寄せていた山岳部の後輩ウィジュ(ユナ)との数年ぶりの再会に心を躍らせていた。
しかし、上昇してくる有毒ガスの危険が彼らにも徐々に迫ってくる。ガスに触れてしまった姉と両親・親戚たちは、なんとか救助のヘリコプターで運ばれたが、取り残されたヨンナムとウィジュ。彼らの手元にあるのは、ロープとチョークと山岳部で鍛えた知恵と体力。地上数百メートルの高層ビル群を命綱なしで登り、跳び、走る出口は町の一番高い高層ビルよりも上!絶体絶命の中、決死の緊急脱出がはじまる!<公式サイトより>

『EXIT』感想

『EXIT』感想naver映画

チョ・ジョンソク、少女時代のユナ、主演の  <災難脱出コミック映画>です。正直、笑ってなかったです。 韓国映画のギャグコードは、あまりにも飽きたほどです。

韓国映画がクライム系だけが溢れるのもこのような理由ですかね

初めて映画のイメージを見た時は何の「映画だろう?」と思いました。

実際に観てみると、映画の意外性もかなりある作品だし、それなりに新鮮で面白い作品だと思いました。

exit 感想naver映画

青年ニート<ヨンナム>は山岳サークルのエース出身。

母の70歳の誕生日パーティーに行った彼と家族、

しかし、「不明な有毒ガス」の流出により都市が混乱に陥ります。

生きるためにガスが届かない高層に行かなければならない

映画の設定もジャンルもキャストもいろいろと珍しいだと思いました。

韓国映画でこのような「災難脱出」物を、「家族コミック物」として扱った部分が面白いです。

都心に閉じ込められた二人の主人公、有毒ガスから生きるには<ビルの高層>に飛び上がります。

上がり、また上がりなさい。

イム・ユナ、チョ・ジョンソクの2人の主人公はコミック演技だけでなく、劇中の多くの都心の壁と

屋上に乗ってジャンプし、また上がるアクションに劣らない演技を披露します。

映画の設定が少しゲームのようにもなりました。まるでスーパーマリオのように上がり続け、ジャンプしなければならない彼らの姿

「面白くはありませんが、コミック演技は自然でした。」 無理やりに笑わせようとしなかったです。 ただ、少し幼稚なギャグ設定が私の口をだまされました。

最初は少しぎこちなくなったのではないかと思った二つのカップルも時間が経つにつれてよく合うように思います。

映画では韓国で最も大変な青年時代を代弁する役で出るかなと… 過大解釈かもしれませんが、劇中で生きるためにより高い場所に駆け上がる韓国の青年たちの現実的な状況と、高いところのために一生懸命走る時代を表現したのではないかという気もします。

生きるためにこんなにまで走り上がらなければならないの?

少し悲しいかもしれませんが、二人の主人公は韓国の若い時代のことだと思います。

exit 感想-01naver映画

もう一つは、この映画が災害時の設定案で、安全災難ガイドの部分として描かれています。 本当に、生きるためにはああすればいいんだ、という教育的な部分もあります。

映画の中で、多くの安全災害に関する生存救助が描かれています。

映画を見ると遭難した場合、どのように対処するべきか分かります。

映画『EXIT』は、ユニークながらも面白いし、走り続けるアクション性もある複合混合ジャンルでありながら、韓国映画の中でもかなり不思議なジャンルの映画です。

exit 感想-04naver映画

高層ビルを安全装備もなしに登る場面を見ると手に汗が出てきます。

映画が難しくもなく、複雑でもなく、きれいに終了しながらも、無理やり涙を流すこともありません。 家族が見てもいい家族映画でもあります

韓国映画ジャンルの中でもなかなか難しい素材とジャンル、組み合わせなどで構成された映画なのですが、結果物が意外と悪くありませんでした。 娯楽性もあり、楽しさもあり、気楽に見ることもできてよかったです。

韓国では940万人という大ヒット

だからといって名作! 秀作!こんな評判ではありませんが、新しくて集中するようになる演出のいい映画です。 普通におすすめします。

ABOUT ME
NM
日本住みの韓国人! いつも動画を観ています。 動画オタクです。 主にU-NEXT動画おすすめ!