映画感想

洋画『僕のワンダフル・ライフ』感想。犬好きな人には必見映画!

僕のワンダフル・ライフ サムネイル

『僕のワンダフル・ライフ』あらすじ

犬を飼うことのいちばんの幸せ、それは犬たちがくれる無償の愛。ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーが、その愛を捧げた相手は、自分の命を救ってくれた、イーサン少年。1人と1匹は喜びも悲しみも分かち合い、固い絆で結ばれていく。だが、犬の寿命は人間よりうんと短い。ついに、旅立つ日がきてしまう──はずが、ベイリーの愛は不死身だった! イーサンに会いたい一心で、何度も生まれ変わってきたのだ。けれども、そう簡単にはイーサンと遭遇できない。ようやく3度目の生まれ変わりでイーサンとの再会を果たしたベイリーは、自らに与えられた”重要な使命”に気付くのだが─

『僕のワンダフル・ライフ』感想

『僕のワンダフル・ライフ』感想-00naver映画

監督:ラッセ・ハルストレム

キャスト:W・ブルース・キャメロン、オードリー・ウェルズ、マヤ・フォーブス、ウォーリー・ウォロダースキー

ベストセラー小説を原作として作られており、おそらく愛犬家、いぬと一緒にいる方には、ほぼ必見作品ではないかと思う映画。

犬生4回目という言葉が見えるだけに、映画『僕のワンダフル・ライフ』は、4度の転生を経てもう一度元の主人に戻るまで…。

『僕のワンダフル・ライフ』感想-01

<犬の人生の目的>についても話しながら、<人間と犬の特別な絆と感情>についてうまく扱っている作品。

映画はちょっと独特で<犬の視線>から大部分描かれ、ナレーションでその感情と本音を表現するなど面白くて可愛い部分も多いです。

私も犬を好きだから、映画を見ながら<犬>に対して感じる感情は少し特別でした。<可愛い犬の姿>を見るだけでもそれなりの幸せな時間になるかもしれませんが、多分犬を飼った方には···

<子犬とともに過ごした時間>のすべてが忘れられない時間で、誕生、成長、逆境、苦難、慰め、遊び、死など、そのすべての瞬間が輝いた思い出として残るでしょう。

映画もそのような時間を、4回の転生過程を経て、ある時は軽く、ある時は重い感動、ある時は喜びと悲しみで近づくなど、

『僕のワンダフル・ライフ』感想-02naver映画

ベイリー、エリー、ティノ、バーディなど

ベイリーがそれぞれ転生しながら通り過ぎた犬たちの話でよく描きました。

特に、人間と寿命が異なる彼らとの別れや、最後の<ジャンプ跳び>でベイリーを気づく瞬間など、映画の感動はおそらく愛犬家の方にはより深く感じられると思います。

映画の原題は<A  Dog’s  Purpose>で、劇中でもずっとベイリーが「犬の人生の目的は何だろうか?”を考えながら結局今この瞬間を楽しみ、共にするだけでもその意味があるというナレーションが本当に心に響きました。

本当に犬は人間の永遠な友達。と言うほど彼らが私たちに与えてくれる人生の影響力はとても大きいと思います。

感性や人柄など、多くの部分にも影響を与え、慰めと喜びをすべて与え、人生全般にわたって多くの記憶、思い出を伝えてくれます。

ある時は人よりも大きな慰めになり、心もよく分かってくれて喜びも与えてくれる彼らがいて、おそらく人生はより豊かになるのではないでしょうか?

映画『僕のワンダフル・ライフ』でした。

 

ABOUT ME
NM
日本住みの韓国人! いつも動画を観ています。 動画オタクです。 主にU-NEXT動画おすすめ!