男性も知るべき生理痛の原因と対処法

生理通を我慢する女性 生理痛はほとんどの女性に見られるものであり、全く無いという人はほとんどいません。
程度の差はありますが、ほとんどの女性が悩まされているのが生理痛ですので、男性でもどのようなことが原因で起こるものなのかを知っておくと良いかもしれません。
女性も、他の人にはなかなか相談できないかもしれませんが、あまり我慢しないで自分に合った対処法を知ることが大切です。
実際に、生理痛に悩まされている人の半数近くが、何もせずに我慢をしているようです。

生理痛の主な原因となっているものは複数考えられます。
その一つが冷えであり、女性は元々冷え症を患っている人も多いので、気付かないうちに生理痛の症状が悪化していってしまうことがあります。
自覚のないまま冷えにつながるような生活習慣を続けているケースも多く、そのままの状態が続くと重い生理痛に悩まされることもあります。

また、ストレスも要因の一つになりますので注意が必要です。
ストレスを受けると全身の血行が悪くなるのですが、それが冷えにつながって症状を引き起こします。
現代社会はストレス社会と呼ばれるほど多くの人がストレスを抱えていますが、溜め込んでしまうと心身の不調につながりますので、上手く発散する方法を考えなければなりません。

子宮の機能から見ていくと、排卵が始まる頃には子宮内膜が厚くなっていって体は妊娠に向けて準備を始めるのですが、精子が来なければその子宮内膜を排出する働きが起こります。
その働きを促すのがプロスタグランジンなのですが、プロスタグランジンは子宮を収縮させる働きを持ちますので必要以上に分泌されてしまうと痛みが引き起こされます。
つまり、プロスタグランジンの分泌量が多い人は生理痛が重くなる傾向にあります。

他にも、子宮の出口が狭いことが要因になります。
子宮の出口が狭いと子宮内膜をスムーズに排出できずに痛みが起こります。
出産を経験すると子宮の出口が広がりますので、症状が軽くなる人も多いようです。

これらの要因によって毎月の生理のたびに痛みや不快な症状が引き起こされるのですが、上手な対処法を見つければ症状を緩和することも難しくありませんので、まずは自分に当てはまる原因を探り、それに合った対処法を見つけていくことが大切です。
腹痛でなく頭痛が起こりやすいという人は、ホルモンバランスの変化によってセロトニンが減少することが関係している可能性もあります。
ホルモンバランスの乱れが大きくなると、頭痛は酷くなります。

生理痛緩和の要点は冷えを防ぐのと規則正しい生活

生理痛を緩和したい時には、まずは体の冷えを取り除くことが大切です。
体が冷えると血行が悪くなるのですが、ストレスを溜め込むことでもホルモンバランスが乱れて血流が悪化します。
血行不良によって骨盤内の血流が足りなくなると子宮や卵巣が正常に働けなくなるために生理痛を悪化させてしまう恐れがあります。

ですから、冷えを改善することが非常に重要なのですが、それには規則正しい生活を送ることが重要です。
食事はバランスを重視し、体を温める食材を積極的に取り入れます。
また、質の良い睡眠をたっぷりと取ることでもホルモンバランスが調整されて体が温まるのでおすすめです。
他にも、適度な有酸素運動を取り入れると体内循環が活性化されて血流の改善に効果がありますので、無理のない範囲で実践していくことが大切です。

体を温めるような対策を実践していくことが改善の鍵となります。
食事や睡眠、運動などの健康に良いとされている生活習慣を地道に実践していくことで体を効率良く温めることができます。
それが全身の循環の向上につながって骨盤内の血流も十分な状態になります。
子宮や卵巣の働きが活性化されると生理痛も良くなりますし、全身の働きも快調になります。