生理痛を緩和するストレッチの紹介

ストレッチ 辛い生理痛に悩まされている女性はかなりの数に上ります。
毎月のこととはいえ、痛みにより不快感を感じ生活全体に大きな影響を及ぼします。
痛み止めに頼らざるを得ないことも少なくありません。
反対に、薬を飲むことに抵抗を感じひたすら痛みに耐えている人も少なくありません。

生理痛を緩和するのに、ストレッチは効果的です。
ストレッチにより、各部の筋肉が伸び血行がよくなります。
結構だけでなく、リンパの流れもよくなるため痛みを緩和することができます。
生理痛の原因の一つは血のめぐりが悪いことです。
血の巡りが悪いことで、スムーズに子宮が収縮せず激痛を感じます。
ストレッチを行うことで血行を促進し、スムーズに血を排出できるようになります。

ストレッチにより体温が上がることも生理痛を緩和することが可能です。
生理中は激しい運動ができませんが、ストレッチなら無理なく行うことができます。
リラックス効果もあるため、気分も良くなります。

具体的にはどのようなストレッチが効果的でしょうか。
まずは下半身の筋肉を中心に伸ばしていきましょう。
準備運動の要領で床に座って両脚を開いて行います。
股関節周辺の筋が伸びることをイメージしながら、上半身を前後左右へとゆっくり倒しましょう。
呼吸を止めないことがポイントです。

次に床に仰向きの姿勢で行います。
膝を抱えるようにして、太もも裏の筋肉をしっかり伸ばします。
片方ずつ行いましょう。
膝を横に倒し、腰をひねるようにします。

別のストレッチは椅子を置いて立った姿勢で行います。
片足を椅子の上にのせて、脚全体の筋を伸ばしましょう。
無理がなければ、椅子の高さを上げていきます。
最初は体の真横に脚を上げて行い、次に体の後ろ側にも伸ばします。

下半身のストレッチを十分に行ったなら次は上半身です。
生理中は全身の血行が悪くなりやすく、肩こりになることもあります。
腕を回して肩甲骨周辺を柔らかくしましょう。
首回りも前後左右に倒して、血行を促進させます。

ストレッチはいつでも行えますが、お風呂上がりは一層効果的です。
朝起きてすぐに行うことで、体温も上がるため頭もスッキリさせることができます。
ストレッチの後は温かい飲み物で水分補給しましょう。

自分で行う簡単なストレッチで生理痛を緩和することができます。
体質により個人差があるため、一度行うだけですぐ痛みが止まるとは限りません。
可能なら生理が始まる前から、一日に数回行うことで効果を高めることができます。

生理痛を和らげる姿勢とツボについて

生理痛を緩和させるためにストレッチ以外にも姿勢が関係しています。
一見無関係に見えますが、姿勢は体調さえ反映するほどです。
姿勢が悪いことで血行も悪くなります。
散水ホースが曲がっていると水流が悪くなることと同じです。
良い姿勢を保つことで、血行が良くなり結果として生理痛を緩和します。

良い姿勢と言っても、不自然に胸を張った兵隊さんのようなポーズをする必要はありません。
背骨が自然なカーブを描くように、肩甲骨を開きます。
臀部を引き締めるように、脚も自然に揃えましょう。

生理痛の緩和にはツボも効果的です。
特に効果のあるツボは血海と呼ばれています。
膝小僧から指三本分ほど上に上がった、太ももの内側です。
さらに、くるぶしから指四本分上にあるツボも効果があります。

ツボを押す際は、指などでゆっくり押し込むように指圧します。
ヘラなどでこすることでも同じ作用があります。
一度に長時間押すのではなく、短時間を一日のうちに行うようにしましょう。
ツボを温めることでも緩和作用があります。
お湯を入れたペットボトルなどをツボにあて温めます。
低温火傷にならないよう注意が必要です。

ストレッチもツボ押しも血行をよくすることが目的です。
血行を良くして生理痛を緩和することができます。