生理痛を緩和するためにピルの使用もおすすめ

生理通を緩和した女性 ピルは一般的に避妊薬として使用されるものですが、実は生理痛やPMSの緩和にも効果があると言われています。
ピルは女性ホルモンである、エストロゲンとプロゲストロンの2つが主成分となっている錠剤で、主に婦人科で処方される薬です。
ピルを服用する事で、疑似的に妊娠した状態を身体の中に作り上げます。
排卵を抑える事で、生理周期を正しくしたり、生理痛やPMSの緩和が可能とされています。

ピルには、女性ホルモンの含有量によって、高用量と中用量、低用量に分けられます。
生理痛やPMSの緩和には、低用量が最もポピュラーではありますが、個人の体質によっては合う、合わないがありますので、必ず婦人科で先生と相談をしてから処方してもらいましょう。

そんなピルのメリットは、女性ホルモンのバランスを安定させる事が出来るという点です。
排卵が抑えられることで、子宮内膜が厚くならず、維持されるため、出血量を抑える事が出来ます。
出血量が多いことで起こる生理痛の緩和も期待できます。
また、ホルモンバランスが安定する事で、生理前のイライラや気分の落ち込みも減り、自律神経を整える事が出来ます。
生理周期も正常になるので、生理前の不安感も取り除く事が出来ます。

ピルは安全性が高い薬とは言われていますが、副作用が無い訳ではありません。
人によって個人差はありますが、吐き気や頭痛、不正出血や体重増加、気分の変化といった症状が服用後に現れると言われています。
低用量ピルであったとしても、副作用が出ない訳ではありませんので、あまりにも症状が酷い場合には、必ず医師に相談をするようにしましょう。
一般的には、服用し始めてから、2~3周期でそれらの副作用も治まると言われています。

また、ピルを服用する際には、必ず婦人科で診察を受けて、医師の正しい判断のもと、処方してもらうようにして下さい。
自己判断で勝手に手に入れて服用するような事は絶対に避けましょう。
35歳以上の女性で、喫煙をしている人や高血圧、乳がんや子宮がんの疑いがある人は、低用量ピルの服用が出来ないと言われています。

生理周期を正したい、出血量が気になる、生理痛が気になるからと言って、婦人科にも行かずにピルを服用してしまう事は、症状が良くなるどころか、悪化させる事もあります。
正しい治療を受けて服用をすれば、女性にとってものすごくメリットのある薬になりますので、自己判断だけで使用するのは避けるようにしましょう。

ピルの使用は子宮内膜症の予防やニキビの改善に繋がる

ピルを使用する事で、不妊の原因になる子宮内膜症や卵巣がんを抑制することができます。
卵巣がんや子宮内膜症は、排卵毎に進行していく病気になりますので、ピルによって排卵を抑制する事で、卵巣がんや子宮内膜症の症状の悪化を防ぐことが出来ます。
さらに、不要な内膜やのう腫を委縮させる事が出来ますので、子宮内膜の維持や受精卵の着床を助けてくれる働きが期待できます。

また、ピルを服用する事で、ニキビの改善も期待出来ます。
ニキビは男性ホルモンによる、皮脂分泌の過剰な働きにより、毛穴を塞いでしまう事で起こります。
ピルは意外と知られていませんがニキビを治す薬としても利用できるのです。
ピルを服用すると、男性ホルモンの分泌を抑えて、女性ホルモンを補ってくれますので、ニキビが出来にくくなります。
女性ホルモンのエストロゲンは、別名で美肌ホルモンと言われており、皮脂分泌を抑えて、女性らしい身体を作ったり、肌のキメを整えてくれる働きがあります。
ですので、ニキビの改善をして、キレイな肌を作ってくれるとも言われています。

ピルには21錠タイプのものと28錠タイプのものがあります。
28錠タイプのものは、7錠がプラセボという、薬の成分が入ってない偽物の薬です。
婦人科によって処方されるタイプは異なりますので、気になる人は相談をするようにして下さい。

ピルは個人輸入で購入できる!

超低用量ピルなら体の負担も少なく生理痛緩和やニキビ改善効果が見込めます。
通販でヤーズを購入する