生理痛が辛くなってしまう原因

起き上がれない女性 毎月生理前から生理痛で悩む女性は多く、ひどい場合は起き上がることすらできないということもあります。
一方多少の痛みはあっても、辛いような痛みを感じない人もいます。
生理痛の程度は人によって違いますが、普段の生活が生理痛を酷くしている可能性があります。

生理痛というと下腹部の痛みだと思われがちですが、人それぞれさまざまな症状があります。
現れる症状は下腹部痛や胃の不快感、吐き気、肩こり、イライラ、腰痛ながあげられます。
また、生理前から生理前半、後半でも見られる症状が異なります。

排卵が起こると、黄体ホルモンの分泌が活発になります。
しかし、受精卵が着床しなかった場合には黄体ホルモンの分泌が減ります。
そのため、自律神経が乱れさまざまな不快症状が現れます。
精神的にも影響を及ぼし、イライラしたり落ち込んだりすることもあります。

生理が始まってからはプロスタグランジンというホルモンの分泌が増えます。
このホルモンは、経血を排出するために子宮の収縮を促す働きあります。
プロスタグランジンは痛みの作用も強いため、下腹部痛や腰痛、胃腸痛、吐き気などの症状を引き起こします。

また、生理痛が悪化する原因としては、血行が悪くなっていることがあげられます。
血行が悪くなると、全体的に血の流れが悪くなり、下腹部や腰周りに鈍い痛みを感じるようになります。
血行を悪くする原因は普段の生活習慣が大きく影響しています。

長時間同じ姿勢でいることや、体を締め付ける下着や洋服を着用している場合、締め付けられている部分で血の流れが悪くなります。
生理のときは、締め付けの少ないゆったりとした服装を心がけると良いでしょう。
また、女性に多いデスクワークは長時間同じ姿勢でいることも多いため、定期的に足首を回したり立ち上がるなどすることで改善される可能性があります。

喫煙の習慣がある人も血流の流れが悪くなっている可能性があります。
喫煙することで血管が収縮します。
血管が収縮することで、血液の流れが悪くなり、生理痛が悪化する原因にもなってしまいます。
喫煙習慣がある人は、生理中はできるだけ控えたほうが良いでしょう。

生理痛が悪化する原因は、血行が悪いことだけではありません。
ホルモンバランスの乱れも大きく影響しています。
ホルモンバランスが乱れる原因は、睡眠不足や運動不足、ストレスがあります。
睡眠不足や運動不足、ストレスを感じている状態が長期間続くことでホルモンバランスが乱れ、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

生理痛は酷ければ婦人科で診察してもらえば良い?

生理痛のたびに寝込んでしまうくらいの痛みを感じている場合は、子宮内膜症である可能性もあります。
子宮内膜症とは、子宮以外の場所に内膜ができてしまうため、とても強い痛みを感じることがあります。
もし、毎月仕事や学校に行くことができないくらいの痛みがある場合は、婦人科での診察を受けたほうが良いでしょう。
子宮内膜症の可能性がある場合は早急に治療を開始することで、症状の改善や軽減が期待できます。

少しでも生理痛を軽くするめには、日常の生活で睡眠不足や運動不足、ストレスをためないことなども大切です。
生活習慣が乱れたり、ストレスがたまっていると自律神経が乱れ、ホルモンが分泌されず生理が遅れたり、止まってしまうこともあります。

適度な運動や入浴は体を温め、血行の改善が期待できます。
夏場でも冷房が効いている室内に長時間いる場合は体が冷えて血行が悪くなっている可能性があります。
できるだけ湯船に浸かり体を温める習慣を作りましょう。
また、リラックス効果でストレスの軽減も期待できます。

しかし、それでも生理痛が酷く日常生活に支障が出る場合には、すぐに婦人科に受診することが必要です。
酷い痛みが起きる場合は、子宮内膜症やそれ以外の病気が影響している可能性があります。
毎月のことだからと、当たり前に思わず一度検査してみるほうが良いでしょう。