正常な月経の目安について

手帳 女性の場合、定期的に生理が訪れ、その期間は一定のものであると言われています。
生理で排出されるのは子宮内膜と呼ばれるもので、受精卵が着床し、そこでどんどん成長していくものです。
一定期間にわたり、受精卵が着床しなかった子宮内膜は血液とともに排出されることになります。
この後に排卵の準備が行われ、排卵がなされ、着床しなければ子宮内膜がはがれるというのが生理の大まかなメカニズムです。

生理周期と期間

生理の周期は大きな幅があり、25~38日と言われています。
この範囲を逸脱すると異常月経となり、何かしらの問題を抱えている可能性が高いことが考えられます。
ただし、初潮から数年間は生理の周期があまり安定しないと言われています。
たとえ生理不順だったとしてもホルモンの関係や運動をしてるしてないなど複合的な要因により周期より多少ズレが発生する場合があるため、治療が必要ないケースがほとんどです。

また、生理の周期から逸脱していたとしても、前回の生理が正常な周期であり、周期の期間が6日以内であれば正常となります。
この場合は次回の周期がどうなのかで見なければならず、ここでも周期を逸脱するようなことがあれば、生理不順である可能性が高く、治療が必要です。

一方、生理の期間というのも決まっており、3~7日が正常な期間となっています。
これが2日以内の期間で終わってしまうと過短月経、8日以上の期間になってしまうと、過長月経となります。
ホルモンバランスの乱れ、もしくは子宮の病気を抱えている可能性があるため、こうした状況が続く場合には婦人科などに行き、医師に診てもらう必要があります。

生理の時の経血量

生理の際に発生する経血量にも正常な範囲が存在し、20~140グラムまでが正常値となります。
ただ、わざわざ排出されたものを計量することは難しく、それでいて他人と比較することも大変であることから、この場合にはいくつかのチェック項目に当てはまるかどうかで確認するという手法が望ましいと言えます。

例えば、親指の第一関節程度の血の塊があれば過多月経である可能性が考えられ、ナプキンの交換が早かったり、量が気になって外出できないほどであれば同じく過多月経の可能性が高いことが言えます。
一方、ナプキンに多少付着する程度であれば過少月経であることが想定され、40代以降になって一気に量が増えてきたという場合には子宮の病気を抱えている恐れがあります。
こうしたところから正常かそれとも異常かを判断することが可能です。

生理の持続期間に応じて経血量は変化します。
生理が始まって2日までの期間は鮮やかな赤、もしくは深い赤のものが出てきます。
これは血液が多く含まれているためであり、段々とその量は減っていきます。
ところが、経血量が多く、それでいて色に変化がない場合、多くの血液が流れ出ており、貧血の疑いが浮上します。
このため、色の変化にも注意を払う必要があり、いつまでも量が多く、血液を明らかに多く含んでいる場合には注意が必要です。

子宮内膜が剥がれる際に発生する血液量の平均は40ミリリットル前後です。
ただ、この血液は子宮口から一気に出てくることはないため、少しずつ排出されることになります。
子宮の位置によっては流れにくい状態になっていることもあれば、一気に流れ出てくることもあるため、それが突然起きたことなのか、それともいつものことなのかを見極めることも必要です。

生理周期の記録

生理の周期、生理の期間、そして、経血量、これらの項目の範囲内であれば、正常な月経であると言え、1つでも逸脱したものがあると異常月経の可能性があることが考えられます。
人によっては30日前後の周期で訪れる人もいれば、38日前後で訪れる人もいるなど、その周期、実際の期間はバラバラです。
このため、他人の状況を見て自分の生理が正常かどうかを判断するのは好ましいことではなく、自分で記録していくことが求められます。

もちろん、少しでも正常値から外れれば異常が起きたと思うのも大事ですが、あまり神経質になりすぎてもいい影響がないのもまた事実です。
そして、環境の変化などでストレスがあり、それが影響を与えている可能性もあるため、常日頃から観察することが必要です。

生理における基礎体温の測り方とそれによりわかること

基礎体温計と基礎体温表 基礎体温は、必要最低限のエネルギーを使っている状態の体温を表しています。
必要最低限のエネルギーと言うこともあり、起きて間もない時間帯に計るものが基礎体温ということになります。
基礎体温はちょっとした動きをするだけですぐにあがってしまうため、計測する際には細心の注意を払うことが求められます。

まず用意するものとして、基礎体温計があります。
基礎体温計は通常の体温計と違い、小数点第2位まで表示されるものです。
低温期、高温期の差は0.3~5度程度の違いしかなく、小数点第1位までのいつもの体温計では変化をつかみきれないという問題があります。
そのために、専用の体温計が必要となります。

計測する場所もいつも体温を測るときとは違います。
通常の場合は脇の下、耳の穴に突っ込むタイプなど色々とありますが、基礎体温の場合には舌の裏側に存在する筋の根元で計測を行います。
舌の上で計測すると若干のズレが発生するため、正確な基礎体温を計測するのであれば、舌の裏側の筋で計りましょう。
この場合、口を閉じて空気に触れないようにして計測することが重要です。
空気に触れてしまうと正確な体温を計ることができません。

こうした基礎体温からわかることとして、生理の周期や妊娠しやすい時期などがあります。

低温期の場合

低温期の前半は月経期であり、生理が始まった日からスタートし、低温期の後半には卵胞期と呼ばれる、卵子が成長する期間を迎えます。
そして、排卵期に入り、高温期に突入します。
この卵胞期から妊娠の可能性が高くなり、排卵期の頃には最も妊娠しやすい状況となっていきます。

高温期の場合

一方、高温期は排卵後に妊娠しやすい状態を維持する期間となり、この期間を黄体期とも言います。
高温期はどの人も大体14日前後で終了し、個人差が如実に出るのは低温期となります。
高温期が長ければ、妊娠している可能性が高いことを意味し、生理予定日を過ぎても生理が来ない場合には妊娠検査薬で調べてみることをおすすめします。
妊娠の可能性が考えられない場合には、黄体依存症と呼ばれる女性ホルモンの過剰な分泌による異常の可能性も考えられるため、婦人科を受信しましょう。

低温期の期間に異常がある場合は早めに検査

低温期が長く生理の周期は40日以上に及ぶ場合には月経異常の可能性が高く、何かしらの病気状態になっていることが予想されます。
基礎体温の低い状態が短い場合、排卵障害や更年期障害といったものを抱えている場合があります。
低温期が異常に短い場合、もしくは長い場合も不妊につながる重大な事態を招くことになるため、早めの検査が必要です。

通常、低温期と高温期では0.3~5度の温度差があります。
この温度差がない場合に注意したいのは、無排卵月経の可能性です。
無排卵月経は卵巣が機能しないままで時間を過ごし、結果として生理不順、もしくは無排卵の状態となります。
また、低温期と高温期がバラバラの状態は自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れが考えられ、何かしらの病気を抱えている可能性もあります。

低体温では妊娠しにくい

妊娠しやすい体質はできるだけ高温である状態であり、低体温となると妊娠しにくい体となります。
低温期の体温が36度を下回ると妊娠しにくい状態になってしまいます。
そのため、体温の上昇などを運動などによって促していく必要があり、そうしたものを判断するためにも基礎体温は知っておかなくてはなりません。

こうしたことからもわかるように、基礎体温の情報は生理のタイミングを判断するだけでなく、妊娠のしやすい時期や体の調子、サイクルを判断するためにも知っておかなくてはならない重要な情報であることがわかります。
日々の基礎体温の計測を行い、それをグラフにつけていくことにより、今自分はどのあたりにいるのかということがわかるようになります。

一番理想的なグラフは低温期と高温期がはっきりと分かれていることです。
もし、きれいなグラフにならない場合には食生活や生活習慣の改善などで修正を図り、それでも修正できない、何かしらの問題を抱えている場合には婦人科に赴き、今の状態を伝えることになります。
最近はスマートフォンアプリで簡単に記録ができるものも登場しており、簡単に持ち運ぶことが可能です。

生理は40年間も付き合う?初潮から閉経までの流れ

生理の周期について説明する医師 女性が成長し、女性ホルモンが分泌されるようになると初潮を迎えます。
初潮は子宮や卵巣が成長し、子供ができる状態であることを伝えるサインの役割もあるため、初潮になると赤飯を炊いて祝うというのが日本の風習になっています。
ただ、初潮を経験した女性にとってはびっくりすることが多く、誰に相談していいのかわからないというのが実情です。

初潮のメカニズムとしては、脳から指令を受け、視床下部、脳下垂体、卵巣を通じて女性ホルモンが分泌されて起こります。
ただ、大人の生理とは違い、当面は排卵が起こらず、生理の周期が安定しません。
女性ホルモンの分泌量がまだまだ少ないのが原因であり、安定的に排卵が行われるのは初潮を迎えて1年後、遅くても数年後となります。

初潮の年齢は平均的に小学生ぐらいの年齢で迎えると言われていますが、初潮が遅い子でも中学生までには初潮を迎えます
ただ、あまりに遅いと何かしらの問題を抱えている可能性が高く、18歳になっても初潮が訪れない場合には原発性無月経と診断されます。
また、ダイエットなどで月経に影響を与えるため、できる限り激しいダイエット、運動は控えることが大切です。

月経前症候群とは?

生理が始まると閉経までの長い間付き合わなければならない症状があります。
それが月経前症候群です。
月経前症候群は実に200種類以上の症状があり、イライラする、落ち着かない、集中できないといった精神的な症状、頭が痛い、だるい、体重が増えるといった身体的な症状に分けることができます。
月経前症候群は急激なホルモンの変化によるところが大きく、それが月経前症候群を引き起こしています。

月経前症候群の症状をさらに増幅させる原因として、ストレスや食習慣、体力の低下、考え方などがあります。
神経質な人はちょっとした体調の変化にも敏感であり、そうしたものが症状を増幅させることにつながってしまうため、心のコントロールが必要です。
月経前症候群は女性ホルモンの多い時期に症状が重くなりやすく、20代、30代の時期に発症しやすくなります。

月経前症候群は出産経験者かどうかで症状に変化があり、出産を経験した人は精神的な症状に出やすく、経験していない人は身体的な症状に出やすいことが言われています。
閉経に向かうにつれて、ホルモン量が減っていくとこうした月経前症候群にも変化が生じ、更年期障害など別の症状に発展する場合もあります。
月経前症候群は姿かたちを変えて閉経までの長い間、付き合っていかなければなりません。

閉経して生理から解放されても意外と大変?

一方、年齢を重ねてくると閉経が訪れることになります。
早い場合には40代で、遅い人は50代でもまだまだ生理が訪れます。
閉経前になるといくつかの兆候が見られます。
まず生理の周期が今までより長くなるというものです。
決まっていた周期から逸脱し始め、段々と長期化するようになり、1年以上にわたって生理が来ないと閉経ということになります。

また、閉経が近づくと生理の発生時期がアンバランスであり、経血量や期間などもバラバラになることがあります。
ようやく生理が来たと思ったら突如として立て続けに来るようになることもあるため、そのあたりで月経前症候群にも色々な影響を与え、精神的な不安定さがさらに強まることも想定されます。

閉経になると女性ホルモンが減り、体調管理がさらに難しくなります
閉経により生理こそなくなりますが、別の部分で色々な症状を抱えることになるため、注意が必要です。
特に生活習慣病のリスクは増大し、閉経後に感じる症状も1つか2つで済む人もいれば、かなり多く抱える人もいることから、ホルモン治療などが必要なこともあります。

生理は長い人は50年以上、短い人でも40年以上は付き合うことになり、大変なことが多く、男性になかなか理解されない面もあります。
正常な生理のサイクルを続け、健康に気を使うことが長い間求められ、閉経してからも色々なことに悩まされるため、男性側の更なる理解が必要です。